都市農業公園は、癒しのスポット

 皆さんこんにちは。竹ちゃんです。 前回桜のことを書きましたが、今年は東京の開花宣言が例年より4、5日早く出て、満開が3月末となりました。「お花見」は無事出来たでしょうか。

 ところで、前回竹ちゃんオススメの見沼代親水公園の南の入口付近から西に入る西伊興4丁目の街路=西伊興4‐7~同4‐5=の桜(ソメイヨシノ)。見てきましたよ。約200mにわたる見事な桜のトンネルの写真も撮りました。行ったのが平日の午前中だったので、さすがに「花見酒」の光景はありませんでしたが、いいですね、ここの桜並木は。すがすがしいです。

take150410_1.jpg

見事な西伊興4丁目の桜のトンネル=今年3月30日

 ソメイヨシノの約1週間後に咲くのはサトザクラ。ということで、今回は、「五色桜」が咲く都市農業公園へ足を伸ばしてみましょう。

 「五色桜」とは、明治19年から昭和のはじめまで、78種類(黄色やみどり、淡紅色、紫桜など)のサトザクラが足立の荒川堤に約6kmにわたって咲き誇っていた桜並木のことを言います。その色が五色のようにたなびいていたことからこの名前が付きました。この桜は、公害にやられたため、全部切り倒されましたが、その後の地元の皆さんなどの努力で復活したのです。

 その「五色桜」が一同に集まっているのが都市農業公園(☎3853-4114)。約300本のサトザクラは4月末まで楽しめます。

 都市農業公園は、「農業が盛んだった足立区の姿を残し自然と触れ合う場」として30年前の昭和59年(1984年)にオープン。荒川と新芝川にはさまれた約4万2千㎡の広大な土地に交流館、陶芸や紙すき、染色が出来る工房棟、古民家・長屋門などの建物のほかに寝っころがりたくなるような芝生広場、黒鳥が泳ぐ池、水田や畑もあります。

 竹ちゃんがお気に入りなのは、まず川寄りにある建物の2階にあるレストラン「みはらし茶屋」。天気のよい日には富士山が望めるナイスビュー。しかも季節野菜中心のメニューがうれしいです。写真の「みはらし定食」が900円。同じ900円の「野菜ごろごろ牛すじカレー」も人気です。

take150410_2.jpg都市農業公園「みはらし茶屋」の「みはらし定食」

 お気に入りがもう一つ。このそばの土手に建つ「お兄ちゃんと一緒」という作品名の彫刻です。釣りをする兄と妹を象形した作品で、平成16年度の区の野外彫刻コンクールで大賞を獲った作品です。そののびやかな姿はこの公園にふさわしい彫刻で、思わず拍手!

take150410_3.jpg.jpg茶屋のそばの土手に建つ彫刻「お兄ちゃんと一緒」



都市農は、午前9時~午後5時。毎月第1・3水曜休園。「みはらし茶屋」は、午前11時~午後5時。水・木定休。4月は木曜休まず営業。

【交通】西新井駅東口からコミュニティバス「はるかぜ」号、もしくは同駅西口から東武バスでともに「都市農業公園」行き、終点下車。