1月21日(木)は初大師! ゆるきゃら「にしあらいだるだるにゃん」を見に行こう!

 さてさて、「お正月は寝正月」と言う人が今年は意外と多かったようですが、皆さんはいかがお過ごしだったでしょうか?

 9日(日)、西新井大師に向かって参道を二日酔いでフラフラ歩いていると、右に入る路地・華永路(はなようろ)の中のお店「たぐち埜(や)」の中からこんな声が聞こえて来ました。

1_160113_daru.jpg「たぐち埜(や)」の店内で休んでいる「だるだるにゃん」

 「ボクは、西新井大師に奈良時代から住み着いているネコだにゃあ。 いつも、だるだる~ゴロゴロ~としているうちに、ダルマような体型になってしまったにゃあ。 手に持っている数珠と五鈷杵(ごこしょ) は、その昔弘法大師というとても偉いお坊様にもらったもんだにゃあ」の声。

2_160113_tensyu.jpg田口店主と一緒に

見ると、写真のような赤色のぬいぐみみたいなけったいな物が立っていました。これが今人気の謎の猫「 にしあらいだるだるにゃん」。一昨年1月に突如大師の地下から現れ、皆をびっくりさせました。「なにー、トトロに似ているって?ボクは、西新井大師が出来た天長3年(826年)11月16日に生まれたというからとんでもない長生きの猫 なんだにゃあ。いつも仲良しで一緒にいる鳩の子『だるだるひよ』の詳細は未だナゾでビクも知らないんだにゃあ」。

3_160113_goods.jpgグッズもあるよ

 普段は、「たぐち埜(や)」に居て、21日の縁日や休日に出歩いている。キーホルダーやシールなどのグッズも同店で販売中。大崎で行われた「ゆるキャラサッカー大会」で優勝したご褒美に山手線に乗ったり、テレビ東京の「おはスタ」に出演したりして、猫ブームだけに今年ブレイクしそう。

 ところで、初詣は西新井大師が圧倒的な人気でしたが、1月21日(木)は「初大師」。願をかける人が門前列をなします。縁日とは毎月決められた日にお参りをするといつも以上の縁を仏様、神様と結ばれるという日で、特に21日が弘法大師の縁日。

4_160113_roten.jpg露店回りも楽しい

 そして、新年になり初めて迎える「初大師」には達磨などの縁起物を売る露店が多いのと、食べ物関係の露天が各種出て、それを回るのも楽しみの一つ。竹ちゃんは、「クロワッサンたい焼き」チーズ味(300円)としょうが入りの甘酒(同)が美味かったなあ。大師に出る露店は、全部味や量がきちっとしているのが自慢です。

5_160113_pan.jpg竹ちゃんがはまったクロワッサンたい焼き

 参道・門前に並ぶ「清水屋」と「中田屋」の草だんごは、どちらも甲乙つけがたく、客引き合戦が大変。TVの街歩き番組で訪れたタレントも「どちらも美味しいね」と顔を引きつらせて(?)ニッコリ。中央にある「まめ屋」は、埼玉・川越にある有名店が出している豆専門店で、美味しさ抜群。準広報紙「ときめき」の人気コーナー「うまいもの屋さん」でも掲載されました。



「たぐち埜(や)」はTEL:3890-1543
「清水屋」はTEL:3890-4122
「中田屋」はTEL:3890-2933
「まめ屋」はTEL:5839-3962
「にあいあらい だるだるにゃん」の公式ホームページあり。名前から検索してみてください。