【東京トヨペット株式会社 足立入谷店】
目の前の仕事に集中し、努力し続ける

20150526_1.jpg

東京トヨペット株式会社
足立入谷店副店長 松木 昭博(まつき・あきひろ)
1971年、埼玉県生まれ。帝京大学を卒業後、1993年に東京トヨペット株式会社へ入社。足立エリアに配属され営業職として経験を積み、2014年に足立入谷店の副店長へ。つねに「相手の立場」で物事を考え日々の業務にあたる姿が、スタッフはもとより多くのお客様から信頼を集めている。

足立エリアにて、トヨタ自動車の販売チャネルを担う東京トヨペット足立入谷店。地域に密着したアットホームな接客で、日々たくさんのお客様が来店されています。店舗の中心的存在であり、誠実な人柄でたくさんのお客様と深い信頼関係を築いてきた副店長の松木様に、お客様に"満足"を提供するための考え方や、仕事をする上で大切にされている想いについてお聞きしました。

お客様の快適なカーライフをサポートする

20150526_2.JPG

 私たち東京トヨペットは、東京都を販売エリアとするトヨタ自動車の子会社です。新車の販売から車の整備、車検対応、保険、中古車の売買まで、車にかかわるほぼ全てのことを行っています。私が配属されている足立入谷店は、都内に約70ある東京トヨペットの新車販売店舗の1つ。足立エリアに根ざし、地域のお客様に"車のある暮らし"を快適に過ごしていただけるよう日々の業務にあたっています。

 もともと学生の頃から車が好き、人と話すことが好きで社会に出たらディーラーに勤めようと考えていました。ディーラーと一口に言っても様々ありますが、弊社に入社したのはやはり市場が大きいこと。「東京」というエリアで、「トヨタ」という商品を売る。大きい市場のほうが自分の成長速度も早いと考えたのです。

ご満足いただくために、お客様の立場で物事を考える

 昨年、2014年から副店長として管理の仕事をしていますが、それまではずっと営業職として仕事をしてきました。そのなかで培ったのは「どうすればお客様にご満足していただけるか」と相手の立場になって考えることです。

 当店で車を購入される方の大半が「買い換え」で、すでに私たちとお付き合いがあるお客様がほとんど。そして、車はどこで買っても性能に違いが出るわけではありません。言い換えれば、どこで買っても同じなのです。だからこそ、「松木君のところで買いたい」と思っていただけることが大事なんです。ですから、車の整備や車検対応、保険の手続きなど、日々のお付き合いでご満足していただくこと。求められている品質以上のサービスをご提供することが重要になってきます。

 マニュアル通りにはいきませんから、想像力を働かせること。そのうえで、自分を甘やかさず仕事をしていくこと。お客様からご依頼があれば、何を置いても最優先に対応していくこと。そうして仕事をしていくなかで、自然と相手の立場で物事を考えられるようになったと思います。

 おかげさまで、たくさんのお客様と長くお付き合いさせていただいています。親御さんに手を引かれて来店されていたお子様が、今では結婚されてご自分のお子様と一緒に来店してくださる...そんなお客様もいらっしゃるんですよ。結婚式にお招きいただいたこともありますね。"業者"としてではなく、お客様と一人の人間として信頼関係を築けてきたことは、私の何よりの自慢です。

20150526_3.jpg

お客様とじっくり話せるカウンター。
リラックスしながら相談していただけるよう、
スペースを広く取っているのだそうです。

営業職から管理職になっても、変わらない仕事の「基本」

 営業職から管理職へと立場が変わり、戸惑っている部分もありますね(笑)。営業職だった頃は自分が担当させていただいているお客様が全て、自分を成長させていくことが全てでしたが、今は部下を成長させていくことが私の仕事になりました。

 ですが、仕事をするうえでの基本は変わらないのかもしれません。大切なのは「相手の立場になって考えること」ですから。たとえば部下にアドバイスや指導をするとき。当然1人ひとり考え方も違えば、状況も違ってくるので、ある人には響いても、ある人には響かないことだってありますよね。ですから型にはめて対応するのではなく、「こういう場合、この人にはどう伝えればいいのだろう」と常々考えています。

お客様との出会いに恵まれて

 私が今まで働いていた二十数年という時間を振り返ってみて思うのが、とにかくお客様に恵まれていたということ。本当に素晴らしいお客様と出会えたからこそ、仕事を続けてこられたんだと思います。

 今でも忘れられない出来事があります。入社して4年目のことでした。どうしても販売目標に足りなくて...。そこで、あるお客様に「お知り合いに車の購入をお考えの方がいらっしゃいましたら、ご紹介していただけないでしょうか」とお願いしたんです。

 すると、その翌日のこと。ご紹介をお願いしていたお客様ご本人から電話がかかってきて...。「実は俺、車を買い換えたいんだけどさ、相談に乗ってくれないかな」と言ってくださったのです。たしかに、以前から車の買い換えについてお話をされていました。ですが、まだまだ乗れる車でしたので、買い換えはもうしばらく先にしようとお考えだったはず。

 困っている私を助けようと買い換えのタイミングを早めてくださったのです。そして、私が"助けてもらった"ことで負担に思わないよう、「昨日の話とは全く関係なく、ただ俺が車を買い換えたいだけなんだ」とお話しくださって...。お客様のその優しさに、本当に涙が出るほど嬉しかったですね。

 そのお客様とは今でもお付き合いをさせていただいていて。お食事に誘っていただいたり、子ども服のお下がりをいただいたり...。ありがたいことに、プライベートでも本当に良くしていただいているんです。

20150526_4.jpg

店内にあるキッズルーム。子どもたち同士で仲良くなり、
帰り際には「もっと遊びたい」と
泣いてしまう子もいるのだそうです。

今の自分にできることを、精一杯やっていく

 営業職に異動はないのですが、管理職には異動があります。慣れ親しんだスタッフや店舗、そしてお客様から離れ、新たな環境で仕事をするときがくるのかもしれません。心情的には辛いですが、環境が変わっても結果が出せるかどうか。私の実力が問われているのだと思います。

 とにかく、今は管理職としての自分に足りないところを埋めていくこと。そして、スタッフがどんなときでも安心して仕事に集中できるような環境を作ってあげられるよう、努力していきたいと思っています。

 私は特別な人間ではありません。特別な技能もないし、話も特に上手というわけではない。けれど、目の前のことに集中して、今まで頑張ってきました。これからも会社のため、そして何よりお客様のために、日々奮闘していく。そうすることで、よりたくさんの笑顔を作ることができると信じているんです

20150526_5.jpg

野球が好きだという松木副店長は、
キャッチャーとして地域の草野球チームに所属。
なんと後輩の営業職員とバッテリーを組んでいるそうです。

企業情報

企業名 東京トヨペット株式会社
本社所在地 〒108-0023
東京都港区芝浦4-8-3
代表取締役社長 古谷俊男
創業 1953年(昭和28年)
事業内容 自動車の販売
部品、礦油、各種自動車用品の販売
自動車の整備
各種保険の販売 など
Webサイト http://www.tokyo-toyopet.co.jp