「清水屋」(大師前駅)江戸時代から愛されてきた草団子と"目利き"による割烹料理

お客様との商談で脳味噌フル回転! 頭が疲れたので「甘いものが食べたいです」と呟いたら...。美食課長が「ぺこ助君、清水屋さんは未体験だったよね。足立で働いているなら、一回は清水屋さんの草団子を食べておかないと。地元の人皆から愛されている名物なんだ」と言うので、さっそく西新井大師の参道へ行ってきました。

1_150702_daishi.jpg写り込む美食課長(写真左)。

2_150702_shisyoku.jpg

試食をすすめてくれたお母さん。すごくはつらつとした方で、こちらも元気をいただきました!

dango_150713.jpg

店内に入って、草団子(400円)を注文! 
ほどよい餡の甘さによもぎの香り...美味しさで疲れが癒やされます。

「ぺこ助くん、清水屋さんではその日に作った団子しか出さないんだ。やわらかくてまろやかな口当たりは、特上の上新粉を使っているから。国産よもぎの爽やかな香りに、北海道産の小豆で作られた餡の上品な甘さ...。いくらでも食べられそうだけど、今日はランチも清水屋さんで食べるから団子は1皿ずつで我慢しよう」

4_150702_unagi.jpg

国産うなぎを使った鰻重(2,800円)。清水屋さんは「うなぎの美味しさを堪能してほしい」という想いから、国産うなぎにこだわっているんだって。創業以来、継ぎ足し続けてきたタレは甘さの中に奥深いコクがあって、うなぎの美味しさが倍増されている...!

5_150702_kimosui.jpg

肝吸い付きで嬉しい〜! ほど良い苦さがたまりません!

6_150702_sushi.jpg

美食課長が頼んだ上ちらし(1,700円)。
取り分けてもらった中トロをいただくと、舌の上でとろけるよう...。

「上質なネタを使っているよね。清水屋さんでは"目利き"である社長が毎日市場に行って、ご自身が『美味しい』と確信できた素材のみを仕入れているんだ。そういった料理に対する真摯な姿勢が、地元の人から愛されている理由なんだね

7_150702_tenpura.jpg

そして天ぷら(1,200円)。エビがでかい! 
口いっぱいに旨味が広がる〜!
レンコンはしゃきしゃきだし、カボチャもほっくり甘い...。

「清水屋さんの2階、3階にはたくさんの宴会場があるんだよ。うちの会社も納涼会の会場を探しているところだし、せっかくだから見学させてもらおう」

newokami_150713.jpg見学をお願いしたら快諾してくださった女将さん。
お着物がすごくお似合いで素敵!

9_150702_youma.jpg10_150702_washitsu.jpg

広くてきれいな会場! 僕が借りてるアパート(1k)の10部屋分はありそうです...! 清水屋さんでは和洋多彩な会場があり、法事から宴会まで様々なシーンで利用できるのだそう。美食課長と相談して、納涼会の会場として和室を予約させていただきました!

今日は商談も上手くいったし、美味しいものもたくさん食べられたし、納涼会の会場も見つけられたし大満足! 美食課長は帰りにお土産の草団子を購入して一言。

「ぺこ助君、美味しいものは自分たちだけで楽しむんじゃなくって、会社で頑張っている仲間にも分けてあげようって考えられないとね。自分が思いやれば、相手も思いやりで返してくれる。その連鎖が、強い絆を作り上げていくんだ。たとえば、いつもお客様の笑顔のために美味しい料理をお作りになっている清水屋さんと、その清水屋さんを愛し続けるお客様みたいにね」

なるほど...! 確かに僕は自分が美味しいものを食べただけで満足していた...。僕も清水屋さんのような真摯な姿勢を見習わないと! 

11_150702_dango.jpg

草団子(20個入り750円)。
この他にも30個入り(1,100円)、42個入り(1,500円)があります。

皆で食べたら、自然と笑顔が増えました。


pekosuke_hitokoto_150703.jpg※価格や店舗情報等は2015年7月時点でのものです。

店舗情報

店名 門前割烹 清水屋
TEL 03-3890-4122
※お問い合わせの際は
「法人会カードサイトを見た」と
 お伝えいただくとスムーズです
所在地 〒123-0841
東京都足立区西新井1-9-11 
URL
営業時間 店頭販売 9:00〜18:00
お食事  11:00〜17:30
宴会   ※時間は応相談
定休日 不定休 ※日曜営業

非法人会会員向け特典

準備中

法人会カードご提示特典

① 1F食堂・売店の対象商品を 10%OFF
② 2~3F個室・宴会場利用 
※人数に応じてドリンクやお料理の代金をサービスします。